仕事でコミュニケーションが苦手な人でも職場の人間関係がぐっとよくなる5つのコツを伝授!

人間関係

一日の大半を過ごす職場。ここでの人間関係はうまくいっていたいものです。

「でも自分はコミュニケーションが苦手・・・どうしたらいいの?」と悩むあなたに!

ちょっとしたことでコミュニケーションがぐっとよくなるポイントを5つご紹介いたします!

仕事での人間関係が苦手な人でも職場に慣れる5つの方法

1. まずは仕事で成果を!

まず、大前提として職場=仕事をしに行く場所。

人間関係ももちろん大事ですが、与えられた仕事ができるということが大前提の場所です。

まずはこれを努力しましょう。

 成果を出して認められると、評価をされます。

反対に、いつまでも成果を出せずにいると煙たがられます。

それによって何かの時に周りのリアクションがかわってくるということは容易に想像ができますね。 

コミュニケーションが苦手でも、できる認定をされているとあまり問題ありません。

まずは仕事を頑張りましょう!それが大前提!

2.笑顔を心掛ける 

いつもニコニコしている人はそれだけで相手から話しかけやすいもの。

反対にいつもムスっとしている人は「機嫌悪いのかな?」「嫌われてるのかな?」と思われてしまいがち。

自分から話しかけなくても大丈夫!

けれど「話しかけやすい人」を目指しましょう♪

3.伝えるべきことは簡潔にわかりやすく

コミュニケーションが苦手な人は話下手なことが多いですね。

ですが雑談ならともかく、仕事の話をするときはこれだけおさえられればOK!

 ポイントは「簡潔に」「わかりやすく」です。

伝達事項は間違いがなく、そして手短である方が喜ばれます。

ごちゃごちゃしてしまうとわかりづらくもなり、ミスにもつながりますね。

 苦手だなと思う人はまずはポイントを箇条書きにしましょう。

紙を見ながら伝えるのでもいいのです。

これが最初の「仕事で成果を出す」にも繋がりますね。

慣れるまでは難しいかもしれませんが、簡潔にわかりやすく、そして確実に伝えるということを心がけましょう! 

4.間違いや怒られることを恐れない

「怖い」という気持ちがあると、人は委縮します。

そうなればパフォーマンスは下がりますし、チャレンジもできなくなる。何より自分もつらいですね。

 ですが、仕事に慣れないうちはミスもするしわからないこともあるもの。

それは「当たり前」なのです。

ある程度になるまでは仕方がないと割り切りましょう。

それで怒られることもあるかもしれません。

ですがそれは誰もが通る道なのです。

 何かしてしまったらすぐに報告・連絡・相談をすること。

傷が浅いうちは、意外とどうにでもなるものです。

隠そうとしたり、一人でなんとかしようとしすぎたりすると余計にこじらせてしまいます。

そうなる前に。怒られることを恐れず「簡潔に」「わかりやすく」ヘルプを出してくださいね。

5.自分に自信を持とう!

 自分に自信がないと、人にどう思われるかが気になったり必要以上に気を遣ってしまったりします。

自分に自信を持ちましょう!

例えどんな風に思われようと、あなたはあなた。

あなたがあなたを認め、「どんな自分も自分らしい」と受け入れることで自信がついていきます。

そうしたらコミュニケーションも自然と苦手意識が減っていきますよ!

 まとめ

まとめ

いかがでしたか?

ちょっとしたコツでコミュニケーションは劇的に変わります。

是非、試してみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました