【人間関係の悩みランキングTOP10】人間関係の悩みを解消する方法も紹介

人は悩むことのできる唯一の動物です。

悩むことは悪い事ではありませんが、悩みすぎも考え物。

とはいえ、この社会で生きる以上、悩みは切って切り離せるものではありません。

そこで今回は、【人間関係の悩みランキングTOP10】と人間関係の悩みを解消する方法も紹介していきたいと思います。

人間関係の悩みランキングTOP10

朝日新聞「アスパラクラブ」のアンケートによると現代人の悩みランキングは以下のようになっているようです。

1位:健康

1位は健康です。

長寿大国である日本においては納得の結果と言えますね。

2位:仕事・職場

 2位は仕事・職場。

この中には色々なことが含まれそうです。

仕事内容や給与の話もありますが、上司や同僚との関係も大きそうです。

3位:資産

3位は資産。

年金問題もありますし、老後までに貯金ができるのか?など悩みはつきませんね。

その後は性格・生き方、子育て、親族、夫婦仲・・・と続きます。

4位:自分の性格、生き方

5位:子育て

6位:親族

7位:夫婦仲

8位:介護

9位:住居

10位:経済問題

こうしてみると、後半は人間関係の問題が目立ちますね。

実は、人の悩みの9割は人間関係が原因といわれています。

仕事の退職理由は常に人間関係が上位にランクインします。

性格が気になるのは何故でしょうか?交友関係などで問題が生じるからではないでしょうか?

病気の原因はストレスが大半とも言いますから、健康の悩みでさえ根本は人間関係と言えるかもしれません。

社会の中で生きている以上、人との接触は避けられません。

それだけ原因となりやすいものがいたるところにあるということかもしれませんね。

ですが人生の大半をそこに頭を悩ませるというのはとんでもない労力です。

今回は人間関係の悩みが少しでも軽くなるヒントをお伝えいたします!

人間関係の悩みを軽くする方法

 周囲に合わない人がいるパターン 

これは誰しもが体験したことのある問題ではないでしょうか。

その相手があたりさわりのない関係であれば付き合わなければ良いですが、そうでない場合には非常に厄介な問題となりますね。

 そもそもそこで衝突が起こるのは何故でしょうか。 

人は自分と異なる考え方を恐れるーこんな考え方にシフトチェンジ

 人は皆、「自分は正しい」と思いがちです。

また、変化を恐れ、保守的な生き物であるとも言われています。

そこに異なるものや意見が入ってくると、自分の正しさが脅かされたり新しい物を受け入れなければならなくなる、つまり変化が起こる可能性があります。

そこでまずは、自分と異なる者を「否定」したくなるのです。

だからこそ、異なる意見と意見がぶつかり衝突が生じるのです。

もちろんこの構造を知っている人はあまりいないと思います。

その否定はほぼ無意識の反応です。

やめろと言ってやめられるものではありません。

ですが、その構造を知り、解決方法を知ったあなたからのアプローチによって解決の糸口となり得ます!

前述のとおり、人は自分とは異なるものを恐れる生き物です。

なので、もしあなたの中で「あの人嫌いだなあ」「なんか合わないなあ」という気持ちが生まれたら、「あ、私とあの人は異なる生き方をしているんだな」と思ってください。

そして、世の中には自分とは異なる生き方をする人がいるんだ、ということを良しとしましょう。

国が違えば文化も違う。

海外に行ったら自国の文化が通用しないなんてことはよくある話ですよね。

それと同じように、違う人間である以上「自分の文化」が通用しないことはあります。

どちらが良い悪いではないのです。

「私はこういう考え方、あなたはそういう考え方、どちらもOK」です。

これだけで少しスッキリしませんか?

相手にイライラすることも少なくなるのではないかと思います。

相手を変えるにはどうしたら?

続いて、相手があなたに何か言ってきたり、敵意を向けてきたりしている場合。

これは厄介ですね。

どうにかして変わってもらいたいものです。

ですが・・・基本的に相手を変えるということはなかなかできません。

もしこの知識を教えたとしても、相手に意思がなければ変わりませんから。

そこでおすすめしたいのが、まずは自分が変わる事です。

それによって相手が変わる、これが相手を変えることのできるチャンスがある唯一の方法です!

ではどうしたら良いでしょうか?

まず、あなたは前述の「相手と自分は違う、両方OK」という考え方をするということが大前提です。

そして相手に対しては「ああ、この人は自分と違う意見が嫌なんだなあ、変化が怖いだけなんだ」と考えましょう。

あなたの意見を伝える必要があるときは、相手は否定されることが嫌なわけですから、まずはその気持ちや考え方を「肯定」するところからはじめます。

「あなたのその気持ちもわかりますよ。そう思うんですね。」とした上で、「でも私はこうなんです。」というように気持ちを伝えましょう。

 あなたの気持ちを理解してくれない場合ももちろんあります。

ですが、あなたが一旦相手の考え方を受け止めてくれたという事実がとても大事です。

ここから人間関係が変わってくる可能性は大いにあり得ますよ!

相手の気持ちがわからなくて不安なパターン

喧嘩をした時や恋愛方面でうまくいくかわからない場合など、不安になりますね。 

人はわからないということが不安な生き物なのです。

その不安定なところから、「わかる」という安心なところに行きたいのです。

とはいえ、これは厄介です。

人の気持ちは中々変わることではありませんから。

ですが、答えが出なかったとしても少しでも近づければ安心できるというもの。

いくつかの方法をご提案いたします。 

相手の立場に立ってみる

人はついつい自分の目線からばかり物事を考えてしまいがち。

ですが、他の視点から考えてみることで別のことがわかる場合がありますよ。

おすすめは、「相手の立場に立ってみる」こと。

どうするかって?

まずは相手の置かれた状況を思い出します。

あなたと相手だけでなく、関係のある周りの人物なども踏まえてください。

紙に書き出したり、相関図などを書くのもいいですね。

これだけで問題が少し整理できることも。

それができたら、今度は“自分が”その状況におかれたらどう感じるかを”想像“してみましょう。

そして、相手のその性格だったらどんな風に思うか。

そこまで考えられたら素晴らしいです。 

・・・いかがですか?

あなたからの視点からはわからなかったこともあったのではないでしょうか?

これは小学校のいじめ対策授業などでも使われる方法です。

小学校では演劇形式にして実際にいじめのシーンを演じたりします。

違う立場を“体験”することでわかることがあるということですね。

客観的な立場の人の意見を聞く 

前述のとおり、あなたの視点からだけではわからないことがあります。

別の視点からは別のことが見えているかも。

是非その人から客観的な意見を聞いてみましょう。

ここでの人選にはポイントがあります。

できるだけ、あなたと相手と近しい場所にいて、その状況をよくわかっている人を選ぶこと。

あなたから状況を話して伝えた場合、どうしてもあなたの意見や気持ちが入った話が伝わってしまいます。

そうなるとそれはもはや客観的意見ではなく、あなた寄りに偏った目線となるため、あまり意味がなくなってしまいます。

「どうしたらいいと思うか?」「今の相手とあなたの関係を客観的にみてどう見えているか?」

また、自分に改善した方が良いところはあるかなど聞いてみましょう。

 受け入れたくないこともあるかもしれませんが、そこは真摯に受け止めることが重要です。

相談というようなスタンスで行けば、もしかすると間に立ってあなたの助けにもなってくれるかもしれませんよ。

 できることであれば、一人だけでなく、何人かの意見を聞いてみるのも良いですね。

相手に近い人の意見も聞いてみると良いかもしれません。

客観的な人よりも更に手厳しい話が出てくる可能性もありますが、あなたの知らない相手のことを知っている可能性もあります。

人間関係の悩みや不安が消えなければ占い師の力を借りよう

そうはいっても話を聞けそうな人がいなかったり、聞いても不安が消えなかったりする場合。

人間関係や恋愛のお悩みであれば、占いをしてもらうのはいかがでしょうか?

占いの種類にも色々ありますが、生年月日を元に出す占いは統計学の面も備えているのであながちバカにできないんですよ。

どう攻略するのがうまくいきやすいかがわかるかもしれません。 

また、占い師さんこそ客観的な立場から話を聞いてくれます。

占い師は数々の人の悩みを聞いて解決に導いてきたプロですから、あなたの力になってもらえます。

ですから、ネット上の生年月日だけを入力して自動で回答が返ってくるような占いではなく、きちんと人と人とで話せる占いの方があなたに合った的確な答えが返ってきます。

とはいえ、わざわざ占いの館などに出かけるのは大変です。

そんな時は家からでも簡単にできる電話占いがおすすめです。

電話占いは家から出かける手間がなく、対面鑑定と同じように話を聞きながらあなたに的確なアドバイスができるでしょう。

是非、試してみてくださいね。 

タイトルとURLをコピーしました